芝本かずきの活動

芝本かずき・・・熱き心の日記

和歌山市リフレッシュ宣言!!

未来に向けたビジョンと具体的実現」それが、芝本かずきの『和歌山市リフレッシュ宣言』です。
江戸時代、人口規模が全国で8番目の大都市だった和歌山市も、現在では54番目です。
歳を重ねることは決して悪いことではなく、成熟とか、充実という結果なら誇るべきことですが、老朽化、衰退、停滞、マンネリといった歳のとり方はダメで、和歌山市政もその一つのようです。中心市街地はさびれ、道路や公共施設も古びてガタガタです。目先のことや、その場しのぎの行政運営をして、未来に向けて手を打ってこなかったからです。こんな状態をそのままにして、「元気だ」「革新だ」と口だけで言っても何も変わりません。
お金をかけず、知恵を活かします!
知恵を活かした「付加価値都市」を目指します。和歌山市にはお金がありません。これ以上、借金を増やしたくありません。だから、高齢者の方の知識や経験もお聞きし、みんなで知恵を出して、自分たちで問題を解決して行きたいと思います。
和歌山市だからできること、和歌山市でできること。もっと住みよく、若々しい和歌山市にするために、市民のみなさんのご意見をお聞きそて、知恵を出し、汗をかいて市の活性化を進めます。大切な税金をムダな公共工事には使いません。
又、「負の遺産」を活用して利益を生み出します。
和歌山市政の主役は市民です!
国や県に頼らず、市民が自分たちの力で、自分たちの地域を育てる「地域主権」を大事にします。学校があるから、子どもの教育をしているのではありません。県があるから和歌山市があるからではありません。市民がいて、みんなが住みよくするために和歌山市があるのです。和歌山市で働きたい人のために、起業や事業活動を支援します。和歌山市を活性化するため、市役所や市の職員が市民の皆さんを支援する、市民が主役の和歌山市政を進めます。「役所はサービス業である」との、役所職員の意識を高め、市民の声を活かした、市民目線での行政運営を進めます。(例:市役所1階のサービスコーナー・及び14階食堂を土・日も開放します。)

ビジョン・政策

ビジョン・政策

地域ごとの活性化ビジョン

地域ごとの活性化ビジョン

リフレッシュ和歌山市ビジョン地図

南海和歌山市駅周辺

駅近に高齢者施設の誘致 各種専門学校の誘致拡充 和歌山城までの歩道整備 図書館の市民サロン化 等

JR和歌山駅周辺

観光都市らしい駅前広場 美園商店街に雑賀屋設置 市が仲介して空店舗活用 和歌山城までの歩道整備 等

日前宮・花山温泉・紀伊風土記の丘

歴史文化ゾーン整備強化 「日前宮」の周辺整備 家族で学び遊べる地域化 歴史的価値の評価向上 等

加太地域

「コスモパーク加太」の活用 健康・スポーツ環境の整備 ソーラー基金の優先的配分 紀淡連絡道路計画見直し
スマートコミュニティ構想 等

和歌山城・中心市街地

和歌山城と周遊道路の整備強化 「扇の芝」を復元し憩の広場に 城から本町通りを歩行者天国に
週末イベント開催(歌+よさこい)ぶらくり丁活性化・学生利用促進(市が仲介して空店舗の利用促進)
中学校跡地に「街の駅」開設 等

紀三井寺

歴史的価値の評価向上 寺周辺の景観維持整備 ジョギングロード整備 子どもと高齢者の交流 等

伊太祁曽神社・四季の郷公園

歴史的価値の評価向上 たま電車の集客支援 沿線施設・歩道の整備 イベント集客の支援 等

市内全域を対象

耐震強化対策の支援 緊急避難体制の確立 「守り愛」制度の支援 郊外の農業振興支援 生涯学習の拡充支援
24時間の緊急相談窓口 等

貴志・楠見・有功・野崎など

主婦の就業推進教育 病児保育施設の増設 地域と連携した学童保育 コミュニティ活動支援 等

和歌浦・水軒浜・マリーナシティ

万葉歴史散策道の整備 「水軒浜」復元活動の支援 未利用地の緑化・景観整備 ベイマラソンの国際大会化
マリンスポーツの強化 等
滝畑地区最終処分場はNO!

芝本かずきプロフィール

・芝本和己(しばもとかずき)
・1968年和歌山市生まれ。
・和歌山市議会副議長 政党無所属 介護福祉士
・和歌山西高校卒業(一期生)
・高野山大学文学部人文学科 国史学卒業
・トヨタ系列の会社で3年間 勤務
・中国北京師範大学で2年間 留学
・介護老人保護施設で5年間 勤務
・2003年、統一地方選に立候補。市長選も経験。
 現在4期目。
・建設企業委員長、総務委員長、決算特別委員長、  日中友好和歌山
・市議会議員連盟会長等を経て、現在、副議長。
芝本かずき